【大学生】夏休みなのに暇すぎる!そんなときにおすすめな恋愛アプリ

夏休みなのに暇なときってどうしたらいいでしょうか。

学生なら資格の勉強にサークルの合宿にと理想の大学生像がありますが、ときには羽目を外したいもの。

今回はそんな夏休みだからこそすべきことをご紹介します。

恋人探し

悠長に社会人になってから出会いを探そうなんて考えていませんか?

社会人になってからの出会いはそこまで期待できません。

こんな調査結果があります。

■社会人になってから恋人がいたことはありますか?

はい……57.4%
いいえ……42.6%

■その恋人とはどこで出会いましたか?(複数回答)

学生時代の友人・知人……48.5%
仕事……26.3%
友人の紹介……21.1%
習い事や社会人サークルなど……6.4%
友人の結婚式……1.2%
その他…11.1%
引用元:https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/10914

学生時代になんらかの繋がりを作っておかないと、社会人になってから恋人を作るのに苦労するのは必須。

恋人欲しい!とガツガツしすぎるのは逆に引かれてしまいますが、先を見越して異性の友達を増やしておくことは大切です。

■社会人になってから恋人がいない方は、それはなぜだと思いますか?

モテないから……45.7%
社会人は出会いがないから……40.9%
その他……13.4%

■社会人と学生、どちらが異性との出会いが多いと思いますか?

学生のころのほうが多い……77.8%
社会人のほうが多い……22.2%
引用元:https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/10914

実際に社会人を経験している人が、社会人と学生どちらが出会いが多いかという問いに対してこのように回答しているのですから、疑うことはできませんね。

学生のうちに出会いを探し、縁を作っておく。今後社会人になってから出会いがないことにならないためには必要な考え方です。

どこで知りあえばいい?

ファミレス
居酒屋
コンビニ

など、大学生ならではの出会いの場は数多くあると思います。

しかし一度働き出すとその場に縛られてしまいますし、人間関係を壊さないためにアタックできなかったり、そもそも好みの異性がいなかったりと必ずしも恋人ができるわけではありません。

そんなときはさっさとやめて次のバイトへ…と行動できれば楽ですが、人間環境を変えるのにはエネルギーが要るものです。

バイト先で出会いを見つけようとすると、このように労力の割に出会いがないという困窮に立たされてしまうことが多いでしょう。

そんなときに使えるアプリ

恋活アプリであれば、いつでも自分の好きな時間に異性と関わることができます。

もちろん、男性は有料だったりデメリットもありますが、同じ大学生にアタックすれば危ないことは殆どなく、同世代の出会いを探している異性とマッチングすることが可能です。

恋愛婚活「with」

Facebook連携マッチングアプリなら、変な人はいません。

1クリックで手軽に相手を探すことができますよ。

大学生が行動するために必要なこと

長いようで行動し始めればあっという間な夏休み。

早いうちから動き出すことで、理想の恋人をゲットできるチャンスが増えていきます。

「暑いから家でゴロゴロしてたい」
「動きたくない、めんどくさい」

そんな気持ちのときでも、アプリなら起動するだけ。
涼しい部屋で毎日1回は起動し、マッチングした異性とチャットのやり取りで仲良くなったらLINEで通話して…そんなやりとりをすることで、夏休み中に彼氏(彼女)を作ることができちゃうかもしれませんね。

関連:

彼氏を作るためのLINE(ライン)テクニック8つ

送信するメッセージのテクニック:返報性を利用してラポール関係を築く

自己開示において、返報性の法則があります。
こちらが、出身地や家族のこと、趣味や自分の気持ち、将来の夢などプライベートなことをどんどん話していくとします。すると、相手は“この人はこんなに自分のことを話してくれる”“こちらも何か話さないとわるいなぁ”という気持ちになります。これが返報性の法則です。そして、相手もどんどん自分のプライベートなことをこちらに話してくれるようになると、相手がこちらに対して“自分はこの人に対してこんなにプライベートなことを打ち明けている”“私はこの人のことを信頼している”と感じるようになります。このことを、認知的不協和と言います。
このように相手のことは信頼できる、何でも話せる、互いに信頼し相手を受け入れているという状態を、心理学では「ラポール」と言います。「ラポール」とはフランス語で橋を架けると意味します。コミュニケーションが必要な場面で大切なことは、この「ラポール」を築けるか築けないかも関係しています。
引用元:https://welq.jp/5661

メッセージを送る際には、まず自分から情報を開示したあとに、相手に質問するようにしましょう。

例)

僕(or私)は●●に住んでるんだけど、どこ住みですか?

理想の告白はデート3回目で

3回目のデートが決定したあなた。お金や体が目的ではなく、純粋な気持ちで1回、2回とデートを重ねたのなら、それは二度あることは三度あるのようなラッキーではなく、お互いに惹かれ合っている場合も多いのではないでしょうか。

3回目のデートが重要と言われる理由、それは勝負どころだからです。誘った側も誘われた側も3回目ともなると、一大イベントの告白を意識するものです。成功する保証はどこにもありませんが、3回目のデートは告白の大チャンスなのです。

逆に告白せずにその日を終えてしまうと、相手も脈なしなのかも、告白されないならもういいや! ともなりかねません。もしかしたら、告白するかしないかで、相手を射止められるか逃すかの分かれ道になっているのかも!?
引用元:https://welq.jp/18523

もしデートまで誘い出せたら、あと一歩。
ちゃんと1,2回めのデートでフィーリングを確かめ、3回目のデートまで漕ぎつけたらほぼ付き合えると思っていいでしょう。

まだ恋活アプリを使うか迷ってる…という方は、以下の記事も参考に。

「恋人が欲しい人」が今すぐ行動して新しい恋人を作るようになる考え方4つ