彼氏からのLINEがなくて寂しいときの対処法

彼氏からLINEがなくて寂しい思いをしたことはありませんか?

寂しいは究極的には主観でしかありません。夢中になっているものがあれば寂しいとは感じないですし、逆に寂しいという感情があるから喜びが裏返しとして感じられます。

そうはいっても寂しいものは寂しい。

今回は彼氏からなかなか連絡がもらえなくて寂しい…と感じているときの対処法をご紹介します。

彼氏からのLINE頻度が減る理由

  • そもそも連絡頻度にこだわっていない
  • 仕事が忙しくなった
  • 恋人との関係が落ち着いてきた
  • 彼女の優先順位が下がった

そもそも連絡頻度にこだわっていない

付き合った当初は話題も豊富で、話すことが次から次へと出てきていたと思います。

しかし付き合いが長くなるにつれ、話題が減っていき、連絡する内容がなくなることで結果的に頻度が落ち着きます。

「彼氏からLINEしてくれない…」という場合は、必要な連絡以外には連絡を取らないタイプである可能性も考えられるでしょう。

仕事が忙しくなった

環境の変化により、関心が恋愛より仕事寄りになってしまうことがあります。

シングルタスクの多い男性からしたら、一つのことに熱中して片付けてしまいたい。

事前に「仕事が忙しくなる」ということを教えてもらっていたならば、連絡を控えて応援モードに切り替えましょう。

負担にならないことが一番彼のことを考えたら良い行動です。

関連:

彼氏に距離を置かれたときの対処法・すべきこと5つ

恋人との関係が落ち着いてきた

付き合い始めた当初は毎日のようにLINEで連絡を取り合っていたとしても、そのうち彼氏に環境や心理的な変化があらわれ、徐々にやり取りが減ってきます。

ここで気をつけたいのはLINEの頻度が減る=気持ちがなくなるというわけではないこと。

ちゃんと会ったときに大切に扱ってくれるようなら、何の心配もありません。

彼女の優先順位が下がった

友達付き合いや、趣味に没頭して彼女へのLINEを後回しにしてしまう彼氏もいます。

そんなときは彼氏の趣味を一緒にやっているとか、友達を紹介してもらう対策も考えられますが、適度に距離を置いてお互い自立した趣味を持つことで、後から話す話題にもなります。

彼氏が既読スルーする心理は?

彼氏が既読をつけたにもかかわらず、返信してくれない場合には、倦怠期の可能性も考えられるでしょう。

彼氏は間違えなく貴方が好きだと思います。

ただ、冷たくしてもどうせいるだろうという安心感が相当あるのだと思います!

男は、自分のものになっていると感じると慢心します。貴方からみれば大切にされていない行動をとります。
ただ、好きであることに変わりはない。上手く説明できませんが、居心地はいいんだけど、
どうしても手抜きになってしまう。

解決するには
ある意味、不安感や貴方自身がそっけない態度をとってみるのも手かもしれません。
また、そういった行動を取った時、彼の本心がわかります。
貴方自身が追いかけ過ぎていませんか?連絡がなくて、追いかけてしまうと、彼はますます慢心します。
あっ、冷たくしても追いかけてくるなと…

本当に好きなら追いかけてきますよ。
不安感やそっけない態度、、適度なスパイスは必要かも。
引用元:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8791502.html

ポジティブな言葉に言い換えれば、安心感を覚えているということ。

それ以外にも、

会話が終了したと思っている
返信に悩んでいる
時間があるときに返信しようとしている
ねむい

など、既読スルーにはさまざまな理由が考えられます。

一概に「既読スルーされた」とネガティブになるのではなく、落ち着いて平常心を保つことで彼氏との関係性が壊れることなく保てることもあります。

LINEがなくて寂しいときの対処法

絆を強める時間だと考える

LINEでやり取りしている時間だけが果たして二人が繋がっている時間でしょうか? いいえ、そうではありません。

彼氏はあなたとやり取りしていない時間こそあなたのことを思い出し、必要な存在だと感じているのです。

彼女は今なにしてるんだろう…

このようにあなたの存在を想起する時間が、彼氏があなたへの想いを募らせるには必要なことなのです。

なぜなら人は考えれば考えるほど、その存在に対して価値を置く生き物だから。

逆にしょっちゅうLINEでやり取りしているカップルは、表面上は一見寂しくなさそうに見えますが、相手のことを想起して思いを募らせる時間がないため、相手への想いが深まりません。

そのため、些細な喧嘩ですぐ別れるような結果となってしまうのです。

彼氏とやり取りしていない時間こそ、彼氏はあなたのことを大切に思っている時間。二人が想い合っている時間を大切に思うことで、心の負担を軽減することができます。

不安と向き合おう

あなたはどんな不安から彼氏と連絡を取りたいと思いますか?

これまで毎日連絡を取れていたのに頻度が減り不安
相手が何をしているのか把握していないと不安

など、さまざまな不安が頭をよぎると思います。

しかしその不安はすべて自分の心が生み出しているもの。自分に自信が持てないから安心感を求めて相手に寄りかかりたくなるし、束縛もしてしまうことに繋がります。

自分が一途な行動から相手を思っているのか、ただ依存し離れるのが不安だから連絡してしまうのかをはっきりさせてみましょう。

不安を相手に押し付けずに、自身に「なぜ不安に思っているんだろう?」と問いかけ客観視してみることが重要です。感情と行動をごっちゃにせず区別することで、「重たい女」から脱出することも可能です。

自分の心の奥底に隠された不安と向き合うことで、その不安を埋めるために彼氏を利用していないか考えられるとともに、もし依存しているなら自立するための行動のきっかけにもなります。

際限なく湧いてくる心の不安があるならば、きちんとそれに向き合って対処しなければなりません。いつまで経っても不安は次々と生まれてくることになるので、根本的な不安の原因を自分の内側から見つけ出し、向き合う強さが求められます。

「寂しい」は自分の心が生み出している

いかがだったでしょうか。

彼氏からの連絡が最近少なくて寂しいと感じたとき、注意すべきことは感情をLINEでぶつけないこと。

温度感が分からないLINEで感情的なメッセージを送ってしまうと、真面目な彼氏の場合には悩ませてしまうことにもなり、重たいと思われてしまうことも。

彼氏からやっと連絡が来ても、一旦落ち着き、感情はノートに書き出してすっきりした状態で返信することをおすすめします。

関連:

ライン(LINE)で別れを切りだされたときの対処法3つ