恋愛で悩まない考え方・方法4つ

男女の恋愛に悩みはつきもの。

かといって毎日悩んだり、考え事をしすぎてしまうと日常生活にも支障が出てしまいます。

そこでなるべく悩みを小さくする、考えないようにする方法を3つご紹介します。

選択肢を絞る

選択肢が多いほど、恋愛の悩みは増えていきます。

一つ一つの選択肢は少なくても、積もり積もれば膨大となるもの。

そこで本当に大切なことについてだけ考える必要があります。

具体的に、考えなくていいことは

  • 自分ではどうしようもないこと
  • 考えても結論がでないこと

が挙げられます。

他者と未来は変えられないというように、恋人の行動をコントロールすることはできません。

「彼はどんなことを考えているんだろう…」
「こんなことしたら嫌われないかな?」

と思うほどに、悩みは際限なく増えていくもの。

これらの悩んでも答えの出ない問題を考えないようにするだけで、ぐっと選択肢を減らすことができます。

自分の努力で変えることができないことは悩まないと覚えておくのがいいかもしれません。

尽くしすぎない

彼氏とあなたはいつであれ対等であるべき存在です。

最小関心の原理にある通り、惚れたほうが立場的に弱くなり、惚れられた方が強くなりがち。

最小関心の原理とは?

興味や関心が少ない方が関係性をリードするという原理。情熱的な彼氏とクールな彼女では、クールで冷静沈着な性格タイプが主導権を握っています。 つまり、恋愛の行く末を操作しているのは逃げる側だということです。好きな彼氏を追いかける彼女は体目的で遊ばれたり浮気相手にされてしまいがち。それは惚れた弱みで彼氏が優位な立場になってしまっていることが理由です。
引用元:http://matome.naver.jp/odai/2139115679818481701/2139116487325210803

執着しない

相手に依存しすぎてしまうことで、恋愛を自分の中でつらいものにしてしまいがち。

本当に大切に思える相手だったら、対等な関係でどちらも無理することなく関係を継続していけます。

自分が背伸びして相手に合わせすぎていないか
LINEの返信が遅いとやきもきしてしまっていないか
信頼関係を築いて、会っていない時間もお互い大切にできているか

など、相手に頼りっぱなしになっていないかを振り返ってみましょう。

最悪、相手がいなくなっても自分の生活を今までどおり続けられるくらいの関係性でないと、恋愛関係を長く続けることはできません。

大切に思っているからこそ、放っておいても安心できる関係を築いておきたいですね。

関連:

恋愛に自信がない人の特徴5つ

日常を充実させる

新しいチャレンジを始めようとしているあなたに、どんな援助も惜しまない彼。身勝手な理由であなたを引き止めることは、自分にとっても価値のない時間になることを意識している。あなたの個人的な成長が、彼のそれと同じだけ重要なものと、しっかり理解しているから。
自分の時間を持つことが、どれだけ人として魅力的に成長できるかをお互いに認識していれば、離れている時間を不安に思うことなく尊重できるもの。
引用元:http://tabi-labo.com/137989/love-is-good/

恋愛は確かに人生において大切な要素ですが、それが中心となってしまうと相手に重いと思われてしまったり、浅いと思われてしまう原因となります。

恋愛以外にも趣味や仕事に打ち込むことで世界を広げ、彼氏にとって自慢の恋人になれるでしょう。

本当に打ち込みたいことがあるとき、彼氏とは一定の距離を置いてみてもいいかもしれませんね。

そのやりたいことを応援してくれるような彼氏の場合、長続きする恋愛になる可能性が高くなります。

恋愛で悩まない考え方・方法まとめ

男女という異なった性をもつ二人だからこそ悩みは尽きないもの。

しかしあまりにも悩みすぎて病んでしまったり、喧嘩ばかりだとつらい関係となってしまいますよね。

もしあなたが彼氏に執着しすぎている場合には、他に遊び友達の異性を作って執着を分散するというテクニックも使えます。

「恋人が欲しい人」が今すぐ行動して新しい恋人を作るようになる考え方4つ