恋人と別れたいと思うタイミング4つ

恋人と別れたいと思うのは、些細なズレや違和感が確信に変わってしまうようなことがある場合が多いようです。

今回は具体的な事例をご紹介します。

あわせて読みたい:

忙しい恋人に別れを告げるタイミング4つ

相性が合わないとき

恋人と別れたいと思うタイミングとしては、些細なところで相性が合わないなと思うことが続いた時です。

完全に相性ぴったりという相手は見つからないものではありますが、それでも小さなところでこの人は違うなと思うことがあると別れたくなってしまいます。

一事が万事ではありませんが、細かいところが気になってしまう相手というのは根本的に相性が合わないものだと思うので、そういうところで別れたくなってしまうことは多いですね。

付き合う前はわからなかった嫌な部分が付き合い始めてからわかるようになり、本当に小さなところでなんか違うと思うと一緒にいることに対して自信がなくなってしまうものです。

恋人同士の付き合いは細かいところのほうが、大事なような気がしています。

忙しいときに束縛されたとき

自分の仕事が多忙である時期に恋人から毎日電話がくると正直面倒です。

もちろん、恋人はその日の仕事のこと、出来事などを共有したいとの思いで連絡をくれるのですが、精神的・肉体的に疲弊している自分にとっては大変です。

それにもかかわらず、自己のタイミングで相手への配慮を欠いた行動を目の当たりにすると、将来うまくやっていく自信がなくなり恋人への不満が募っていってしまいます。

恋人である以上辛いこと悲しいことを相手に伝え二人で解決する方法を模索することは非常に大事であると思いますが、必要以上につながりを求められると負担が重くなってしまいます。

このような、些細かもしれないですけど相手への僅かな配慮が足りないと感じた時に別れたいと感じます。

自分を信じてくれてないと感じるとき

恋人が自分のことを疑ってきたときに別れたいと思ってしまいます。

携帯電話も見せろと言ってきて、異性の友人との飲み会も行くことができません。

もっと信じてくれても良いのにと思います。行動まで監視してきて、そこまで束縛されるとこのまま付き合っていくのは無理かなと感じてしまいます。別れたいと思うタイミングは、やっぱり疑われて自分のことを信じてもらえてないと思った時です。

恋人なのに会っていても喧嘩ばかりになってしまい、付き合っていくのが苦痛でしかたありません。自分は女友達との飲み会は行くのに、どうして私はダメなんだろうと思います。

お互いを疑うようになったらもうダメなんだと思います。付き合いが長くならないうちに別れたいです。

お金にルーズだとわかったとき

以前付き合っていた恋人とすれ違う時間が長くなり、微妙な雰囲気にうんざりするようになりました。

どうしようかと悩んでいた時に彼からお金を貸して欲しいと頼まれたのです。その瞬間に、この人とはもう一緒にはいられないと感じ、別れたいと本気で決意しました。

これまでにもお金にだらしないなと感じてはいたのですが、たまに優しくしてくれることで許してしまっていました。しかし、お金を貸して返してくれたことはなく、このままズルズルと付き合っていても不満はたまる一方だと覚悟を決めました。

こちらにとっては、恋人の言葉が別れを決意する絶好のタイミングとなりました。お互いが幸せになるためにも、自分の気持ちをしっかりと伝えて円満に別れることができました。

恋人と別れたいと思うタイミングまとめ

以上、恋人と別れたいタイミングは…という内容でした。

キーワードは「信頼感」。
これがお互いに形成されていないと些細なことからすれ違いが始まり、行き違いや喧嘩の原因となってしまいます。

男女は基本的に理解し合えないもの。常に疑問に思ったことは話し合う土壌を作っていくことで、ストレスを溜めすぎず安定した恋人関係を構築することができます。

自信がないから束縛してしまう…という方は、こちらの記事も参考に。

恋愛に自信がない人の特徴5つ